知っておきたい!美容整形のデメリット

ダウンタイムって?必要な期間は

ダウンタイムという言葉をご存じですか?美容整形の手術はその内容によって腫れや痛みが生じます。術後、回復し普段どおりの生活になるまでの期間をダウンタイムといいます。最もポピュラーになりつつある二重形成の埋没法では、一週間程度で目立った腫れはなくなる事が多いようです。「手術翌日からメイクOK!」といった広告もよくありますが、腫れている皮膚の上からメイクをすると腫れが悪化したり炎症を起こしたりしてしまいます。肌の強さや術後の経過は個人差があるので決して無理をしてはいけません。
美容整形自体は問題がなくても自身のケアが不足したために、手術を受けた事がデメリットとなってしまいかねません。ダウンタイムは十分にとっておきましょう。

変わりすぎ注意!整形依存症にならないために

美容整形を繰り返していく事で、整形がやめられなくなってしまうのが整形依存症です。「何回も手術しても気がすまない、それどころかどんどん気になるところが増えてくる。」そんな気持ちになってしまったら、せっかく勇気を出して美しくなる手術を受けた事がマイナスとなってしまいます。
このデメリットを防ぐために一番大切なのは「信頼できるドクターに手術してもらう」という事。安易に再手術や他の部位の手術を勧めてくるドクターは信頼できるドクターとは言えませんね。口コミを調べたり、実際にカウンセリングを受けに出向きましょう。美容整形は本来悩みを解消して前向きになれるものですので、「なんとなく聞いたことがあるから」などと簡単に決めてしまう事はせず、納得できる説明と症例などを大切にしてクリニックを決めましょう。